Menu

施工の流れ

Home

施工の流れ

1.地盤調査・改良

現地の土の硬軟、締まり具合を判定し、軟弱地の場合は補強のため、改良を行います。

2.地鎮祭

土地の神(氏神)を鎮め、土地を利用させてもらうことの許しを得て、工事の無事を祈る儀式。

3.構造材加工

木工事部分について、現場施工前に工場などで原材料を切断したり加工を施します。

4.基礎、配筋及び検査

鉄筋の通りやピッチ、継手の長さなど、適正に施工されているかのチェックを行います。

5.基礎完了・土台敷き

基礎コンクリートの上に土台や大引を設置していく作業。

6.上棟式

柱・棟・梁などの基本構造が完成して棟木を上げるときに行われ、竣工後も建物が無事であるよう願って行われる式。

7.屋根施工

下地処理を行い、桟木を一定間隔で取付け、釘やビスを使用し、瓦を桟木に固定します。

8.構造・防水検査

耐震金具、プレートの取付けは正確かや、ボルトなどのゆるみ、防水処理の適切さ等を確認します。

9.内部工事

壁・床・天井など建物内部の施工を行い、クロス貼りや塗装など内装仕上げを施します。

10.外装工事

壁下地処理を施し、外壁施工や塗装を行います。

11.完成検査

建物が完成したら、適正かつ適法に工事が完成しているか検査を受けます。

12.お引渡し

検査終了後、お客様に建物をお引渡しいたします。

ページトップへ